泌尿器のイメージ写真

排尿や尿路のいわゆる「しも」の問題は身近な家族にさえも、なかなか話しにくいことです。
日常生活や旅行などの楽しみを、自ら制限して行動範囲が狭くなっている事がしばしばあります。

  • 尿の勢いが弱い、キレが悪い
  • 尿失禁、急に尿意が出て落ち着かない
  • 夜間の頻回の排尿
  • 尿に血が混じる
  • 前立腺や膀胱などのガンの心配
  • EDなど

など青年期以降、歳を重ねるにつれて、少しずついろいろな心配ごとが出てきます。
「泌尿器科に行くはどうしても恥ずかしい」と思われるかもしれません。
でも、我慢しながら生活をすることの方が、気分も塞いでしまうのではないでしょうか?
困っていることを伺い、診察することで、症状だけでなくこころも軽くなる事もあります。

全ての病気を完璧に治すことはできませんが、「来て良かった」と思えるクリニックとなれるようを心がけています。

当クリニックで力をいれようと考えること

二分脊椎などの先天性慢性疾患は大人になっても通院が必要となる場合があります。
私は小児専門病院や大学病院・診療所にて乳幼児期や成人となった患者さんの排尿管理の診察に携わってきました。
この間に感じたことは「小児期から成人への移行医療」が進むと、本人だけでなく親御さんの負担(時間的、経済的)も軽くなり、かつ自分の体とうまくつきあい、社会生活を送ることが可能になると考えています。

最後に

私たちだけですべての問題を解決できるわけではありません。
手術や詳しい検査が必要と考える場合は市内の各病院や専門病院と連携して地域での切れ目のない医療を目指します。